人気お取り寄せグルメ代表『カニ』の選び方・買い方とは


カニを特別な時に家族で楽しむ場合、絶対に失敗することは出来ません。
近所のスーパーでは品揃えも限られているために、通販サイトを使った購入が便利です。
そこで通販でカニを購入する際に、失敗しない選び方として知っておくべきポイントを解説します。

カニには高級なイメージがあるために、あまり食べる機会はないものです。
だからこそ家族が集まるような特別な日には、皆でカニを食べると特別な満足感を味わうことができるのです。
美味しいカニを食べれば子供も普段とは違う笑顔を見せてくれますから、たまには豪華な食事も良いものですね。

年末年始のような特別な日には、普段は忙しい家族が一堂に集まることも多いからこそ何か特別な食事を楽しみたいものです。
寒い時期であれば身体の中から暖まるカニ鍋も楽しめますし、カニしゃぶは子供も楽しみながら喜んでかぶりつきます。
家族の笑顔が見られるからこそ、特別なときには豪華なカニがおすすめなのです。

奥さまも納得♪カニが喜ばれる4つのシチュエーション

カニは安いものではありませんから、何もないのに購入すると無駄遣いだと奥さまに怒られてしまうかもしれません。
ですが家族にとって特別な場合には、奥さまも納得してくれるものです。
そういった納得しやすいシチュエーションを紹介します。

年末年始の寒い季節に身体の中から暖まる

年末の大晦日やお正月のように、家族が揃って過ごす機会が多いときこそカニの出番です。
特に寒い季節には美味しいカニも増えますから、カニ鍋などで身体だけではなく心も温まることができるのです。

クリスマスにハロウィン、パーティーの時に大活躍

クリスマスパーティーはもちろんですが、最近はハロウィンパーティーなどでもカニが喜ばれます。
赤と白の身も明るく楽しいですから、家族や友達と一緒にパーティーを開く場合にもカニは大活躍してくれます。

誕生日などのお祝い事にピッタリ

誕生日のようなおめでたい日には、カニのように紅白で印象が良いカニの出番です。
普通の誕生日はもちろん喜寿などの節目の誕生日であれば、孫と一緒にカニを楽しむだけでも大喜びしてくれます。
エビもおめでたいイメージがありますが、食べる機会が少ないカニの方が豪華になります。

特別な人へのお歳暮にはカニが喜ばれる

お歳暮としてカニは豪華すぎますから、良くてカニ缶になりますね。
ですが特にお世話になった方に対しては、カニのギフト券のお歳暮が喜ばれます。
カニ缶よりも特別感がありますし「かにまみれ」のギフト券ならば送り先の都合に合わせて注文できるので、賞味期限などを気にせずに贈ることが出来て喜ばれます。

カニは通販?店舗?比較をしたらどちらが良いのか分かった!

カニは近所のスーパーでも販売されていますから、通販を利用しなくても良いと考えているかもしれません。
店舗で購入する場合は、通販で購入する場合の、メリット・デメリットを比較してみます。

通販のメリット
店舗で購入するデメリット
欲しい種類のカニが選べるカニの量が限られる(欲しい種類やサイズがあるとは限らない)
産地直送で新鮮なカニが手に入る新鮮なカニはなかなか手に入らない
訳ありなど激安のカニも選べる流通コスト(中間マージン)が値段に反映
カニのサイズが選べる
甲羅盛りなども手に入る
他の海産物などがまとめて購入できる
ランキングで人気商品が分かる
通販のデメリット
店舗で購入するメリット
直接カニの状態を見られない状態を直接確認して購入できる
届くまでに数日かかるその場ですぐに手に入る(その日に食べられる)
送料がかかる

カニの見極めはプロに任せる!素人ならば絶対に通販がおすすめ


カニを購入するときには、直接見て購入したいと思うかもしれません。
ですが素人がカニを見たとしても、あまり違いが分からないものですね。
そうなると店舗で良さそうなカニを選んでも、結果的に失敗してしまうことがあるのです。

ですが通販であればプロがしっかりと品質を見極めているので、ランキングで上位に入るような信頼できる通販サイトを利用すれば失敗しなくて済むのです。
生のカニでも見極めるのは難しいですし、冷凍のカニはさらに困難です。

だからこそ「かに本舗」のように、品質管理の行き届いている通販サイトを利用する方が失敗せずにカニを楽しめるのです。
そのほかコスパ最高のカニ通販サイトから選ぶようにすれば変なトラブルに合うことはありません。

相場はいくら?通販で購入するときは重さで選ぶこと

「らっしゃいかに市場」では産地からの直送にこだわることで、店舗で販売されているカニとは鮮度や品質が違っています。
だからこそ値段が高くて買えないのではないかと不安に思ってしまいますよね。
確かに松葉ガニのようなブランドガニは高級ですが、普通のカニに関しては家族で楽しめることを考えるとリーズナブルなのです。
ただし、カニを選ぶときにはサイズが何cmかではなく、重さで選ぶことが大事です。
大きくても軽いと身が入っていない訳ですから、重さによって相場は変わってくるのです。

購入するときに知っておきたいカニの相場

お取り寄せで失敗しないためにも、相場を知っておくことは大切です。

カニの相場状態重さ値段
タラバガニ姿1kg10,000円
姿2kg20,000円
姿3kg30,000円
ズワイガニ姿600g4,000円
姿1kg8,000円
姿1.3kg10,000円
毛ガニ姿500g5,000円
姿1kg10,000円
花咲ガニオスの姿1.2kg7,000円
オスの姿2kg10,000円
メスの姿650g6,000円
松葉ガニ姿500g14,000円
姿1kg30,000円

これらは大体の相場であって、年によっても漁獲量によって変動することになります。
もし特別な理由もないのに相場よりも激安だった場合には注意しましょう。

どこを選ぶ?何で決める?カニ通販サイトを見分ける5つのポイント

カニを通販で購入するのが便利だとしても、最近は様々な通販サイトがありますね。
世の中には失敗した経験をしている人もいますから、カニ通販サイトを見分ける際のポイントを紹介します。
これらのポイントをしっかりとチェックして、悪質な通販サイトは利用しないことです。

産地がしっかりと明記してあるかチェック

カニは様々な地域で獲ることが出来るために、外国産の輸入も一般的です。
日本の漁港に水揚げされるカニも多いのですが、産地が明記してあるかどうかをチェックすることが大事です。
輸入の場合にはロシアやカナダ、アメリカ産などが一般的ですし、贈答品に使う場合には北海道などの国産だと喜ばれます。

カニの種類をごまかしていないこと

カニは見た目や名前が似た種類があるために、ハッキリとどのカニなのかを明記している通販サイトを選ぶことが大事です。
ズワイガニと書いてあっても、それが本ズワイガニなのか紅ズワイガニなのかハッキリしないサイトは避けた方が良いのです。
アブラガニとタラバガニのように見分けにくい場合もあるので、カニの種類が明記してあるかチェックしましょう。

利用者の感想が記載されている

カニは個体差がある食べ物ですから、どうしても利用者の口コミが大事になるのです。
利用者の感想が良ければ、仕入れから発送までの品質管理も信頼できるということになります。
人気ランキングで上位に入る通販サイトは利用者も多く、口コミも記載されています。
利用者の感想を見て、満足度の高そうなサイトを選ぶことがポイントです。

送料や手数料が分かりやすく表記してある

カニ通販を利用するときには、カニの代金だけではなく送料や代引手数料なども必要になります。
信頼できるカニ通販サイトでは、税込み価格が分かりやすく表記してあるのは当然で、送料や各種手数料もまとめて分かりやすいのです。
税込み価格や送料などが分かりにくいサイトは避けた方が安全です。

カニの品質に対する取り組みをチェック

カニは鮮度も大事ですから、品質に対する取り組みを紹介しているカニ通販サイトは信頼できます。
「北海道地場の味」のように、カニそのものの品質だけではなく、加工業者にもこだわっていると高品質な良いカニを購入できるのです。

失敗した!こんな思いをしないためにも信頼できる通販サイトを利用する


カニを通販で購入することに対して、失敗しないか不安を持っているかもしれません。
確かにカニのお取り寄せで失敗を経験している人もいますから、カニ料理を楽しむためにもここで紹介しているような信頼できるサイトの利用が大事です。
もし信頼できないサイトで購入した場合には、どういった失敗があるのかいくつか紹介します。

カニの写真と実物があまりにも違う

これは通販ではよくある失敗かもしれませんね。
カニには個体差がありますから、写真と同じものが届く訳ではありません。
ですが信頼できる通販サイトであれば、ガッカリするほど違うことはないのです。

食べてみたら味がしない、水っぽい

冷凍のカニを上手に解凍したのに、カニの味がしなくて水っぽい場合があります。
これは冷凍技術に問題があったのかもしれませんから、仕入れルートが怪しいサイトでは購入しない方が良いのです。

塩味が強すぎる

カニを新鮮な内にボイルするのは問題ありませんが、そのときの塩加減に失敗していると塩辛くて不味いカニが届くことがあります。
「カニ吉」のように宗谷の塩を使うなど、塩にまでこだわっている通販サイトなら安心です。

大きいけれど身がスカスカで食べるところがない

サイズを大きさで選んでしまうと、身がスカスカなカニが届くことがあります。
だからこそカニを選ぶときには重さが大事なので、ここで紹介しているサイトのように重さで分けられていれば安心です。

カニを通販でお取り寄せした時の失敗は、意味のない激安に釣られると起こりやすいのです。
ここでは信頼できるサイトに絞って紹介しているので、安い場合にも理由がありこういった失敗をする心配はありません。

国産が最高?海は繋がっているからこそカニは先入観よりもコスパで選ぶ

カニの獲れる海域はオホーツク海や日本海などに幅広く存在しています。
ですが世界的にもロシアやアメリカなど様々な地域でカニが獲れるからこそ、産地による違いを気にするかもしれません。
国産が最高だという場合もありますが、外国産だから劣るとは限らないのです。

国産ならば新鮮な活きガニが手に入りやすい

日本の周辺海域で獲れたカニであれば、すぐに漁港に水揚げもできるので新鮮な活きガニが手に入りやすいのです。
活きに限らず鮮度や品質面を気にする場合には、国産だと安心できますね。
ただ、活きガニを楽しみたい場合には、流通に時間がかかると大変なので産地直送の通販サイトの利用がおすすめです。

鮮度が高くブランド化によって特別なカニになる

松葉ガニはズワイガニですが、その鮮度や品質をブランド化したことで高級なカニとして知られていますね。
特別な贈答用としては知名度も高く喜ばれるカニですが、家庭で食べるには奥さまと相談しなければなりません。
ですが圧倒的な特別感を演出できるのが「活×2カニ.com」などで販売されている松葉ガニなのです。

毛ガニは国産でもお手頃価格で手に入る

お手頃価格で贈答品として使いたい場合や国産でなければ不安だ、という場合には毛ガニがおすすめです。
毛ガニは日本の各地で獲れるために、旬によって産地が変わるものの国産でもお手頃価格で売られているのです。

輸入品でも冷凍技術が高いために美味しいカニが手に入る

ロシアなど外国産の場合には、日本よりも大量に獲ることが可能な場合が多くリーズナブルな価格で購入することができます。
しかも冷凍技術が発達したことにより、輸入品でも新鮮なまま冷凍されているので美味しさは劣りません。

タラバガニやズワイガニには輸入でも新鮮で美味しい

タラバガニやズワイガニに関しては、ロシアやアメリカからの輸入でも鮮度や品質で劣りません。
「かに本舗」ではアラスカなど海外に直接買い付けに行くだけではなく、現地で日本人指導員がしっかりと品質をチェックしているのです。
ですから大量買い付けによる安さだけではなく、品質面でも満足できるカニが買えるのです。

外国産でなければ味わえないカニもある!

北海道などではタラバガニや花咲ガニのメスに関しては、資源保護の観点から禁漁になっているのです。
ですがロシア産などの輸入品ならば購入できるので、外子や内子などの珍味を楽しみたい場合には外国産になるのです。

海域は繋がっているので自分に合ったカニを選ぶ

そもそもロシアと北海道は近く海域は繋がっていますから、国産と外国産とで味などに関しての違いを心配する必要はありません。
タラバガニのように日本では減って困っていても、ロシアでは増えて困っている場合もあるのです。
だからこそ輸入品でしか味わえないカニもあれば、国産のブランド力や安心感などそれぞれに違った魅力があるのです。
そのため食べる状況に合わせて、コスパなどを考えて選べば良いのです。

カニを美味しく食べたい!選ぶときに大切な3つのチェックポイント

家族で贅沢を楽しもうとカニを選んだのであれば、少しでも美味しく食べたいものですね。
そこでカニの美味しい食べ方、選び方で大切なチェックポイントを紹介します。

カニによって変わる!おすすめの料理はこれ

カニの種類によって大きさや味わいが変わってきますから、それぞれにおすすめの料理を紹介します。
食べたいカニ料理に合わせて、カニを選ぶのがポイントです。

ズワイガニ

カニ鍋やその後にカニ雑炊を楽しむのがおすすめ。
生食が可能な場合にはお刺身も。

タラバガニ

食べ応えがあるのでかぶりつける焼きガニがおすすめ。
メスの内子や外子は醤油に漬けて珍味としても美味しい。

毛ガニ

子供がいる場合には食べやすいカニ飯。
濃厚なかにみそで甲羅酒も楽しめる。

花咲ガニ

鉄砲汁という味噌汁が有名で美味。
味が油っぽいので塩ゆでもおすすめ。

松葉ガニ

生食可能ならば刺身が絶品。
カニしゃぶも甘さを味わえておすすめ。

活ガニをさばけますか?カニの状態にはそれぞれにメリットがある

カニは活きや冷凍などいくつかの状態で売られていますが、どう違うのでしょうか。
それぞれのメリットとデメリットを知ることも失敗しないポイントです。

活ガニ(生きている状態)

  • メリット
    新鮮、食べ方が選べる、解凍の手間がない、インパクトがあり子供も喜ぶ
  • デメリット
    調理が難しい、値段が高め、旬しか購入できない

生のカニ(生きていないが非加熱)

  • メリット
    解凍の手間がない、食べ方が選べる
  • デメリット
    調理が必要、旬しか購入できない

ボイル冷蔵(茹でた状態)

  • メリット
    そのまま食べられる、解凍の手間がない
  • デメリット
    食べ方が限られる、取り扱いが少ない

ボイル冷凍(茹でた後に冷凍)

  • メリット
    安く手に入りやすい、そのまま食べられる
  • デメリット
    食べ方が限られる、解凍が必要

こだわりの料理か手軽に食べたいか、食べ方によって選び方が変わる

活きや生のカニは様々な食べ方が選べて魅力的ですが、調理をしなければならず手間がかかります。
豪華にカニ料理を満喫したい場合には、こだわりの食べ方も選べる活きや生がおすすめです。

ボイルの場合は既に塩ゆでにされているので、そのままでも食べることが可能です。
加熱済みのためお刺身やカニしゃぶなどは楽しめないものの、手軽に家族で美味しいカニを堪能することができるのです。
冷蔵ならば解凍の手間もかかりませんし便利ですが、通販でもあまり見かけません。
冷凍ならばよく見かけますから、手軽にカニを堪能したい場合にはボイル冷凍がおすすめです。

お得ならば満足度も高まる!奥さま満足の選び方3つのポイント

家族でカニを楽しみたいと思っても、そこで重要なのは奥さまが納得するかどうかです。
カニは高い食べ物ですから、特別な時とは言っても納得してもらわなければなりません。
そこで奥さまも納得してくれる、カニの選び方を紹介します。

訳ありでも問題ない?家庭用ならばコスパの高さが魅力になる

普通に家族でカニを楽しむのであれば、訳ありも選択肢に入ってきます。
安くてコスパが高ければそれだけ奥さまも笑顔になるので、訳ありを選択肢に入れることは大事です。

例えば「カニの浜海道」で売られている訳ありは、キズがあったりサイズが規格外でばらつきがあるから安く、
訳ありズワイガニの脚5kgが14,800円、訳なしは2kgで7,980円ですから5kgでは19,950円となり5,000円以上も安くなるのです。
訳ありタラバガニの脚2.5kgが16,800円、訳なしは1kgで8,580円ですから2.5kgでは21,450円となりやはり5,000円近く安くなるのです
これだけの違いが出てくるのですから、サイズのばらつきなどが気にならなければ激安の訳ありが魅力的です。

家族で満足できる量をしっかりと選ぶのがポイント

家族が集まったときにカニを楽しもうと思ったものの、量が少なくて物足りないまま終わってしまうことがあります。
そういったことがないように、家族全員が満足できる量を注文することもポイントです。
量が足りないと他にも料理を用意しなければならず、奥さまの手間が増えてしまうのです。

タラバガニを焼きガニで楽しむ場合、殻付きになるので1人前を脚500gほどで計算して用意するのがおすすめです。
ズワイガニをカニしゃぶで食べる場合、ポーションを選ぶことが出来ます。
ポーションの場合は殻がありませんから、1人前は300gほどで計算して人数分を用意するのがおすすめです。
心配な場合は少し多めに注文しておいて、ご飯よりもカニをとにかく楽しむ方法もあります。

調理が簡単な方が奥さまも助かる、身の状態の選びかた

殻付きのカニは調理の際に面倒な場合があります。
ですから奥さまの手間を省くためにも、カニを購入する際にはカニの状態も考慮して選ぶのがポイントです。

姿

メリット:かにみそや内子・外子などカニを丸ごと味わえる
デメリット:丸ごとなので調理が一番面倒

肩脚

メリット:購入量の調整がしやすい
デメリット:殻を剥く手間が必要、かにみそなどはない

ポーション(殻がすべて剥いてある)

メリット:殻を剥く手間がない、食べやすく子供におすすめ、調理が簡単
デメリット:料理が限られる、足と爪のみ

ビードロ(殻が半分だけ剥いてある)

メリット:殻を剥く手間がない、食べやすい、焼きガニが楽しめる
デメリット:選択肢が少ない、足と爪のみ

大人数が集まるパーティーなどの場合には、量が調整しやすい肩脚やポーションなどがおすすめです。
子供がいる場合には殻を剥かずに食べられるので、ポーションが安心できますね。
甲羅酒や内子・外子を楽しみたい場合には、姿での購入が必要になります。

失敗せずにカニを通販で購入するためのチェックポイント

カニを通販でお取り寄せするときには、店舗で購入するのとは違った注意点があります。
通販をよく利用している人には当たり前の部分もありますが、チェックを忘れないようにしましょう。

  • 送料
    送料がいくらかかるのか、購入金額によって無料になるのか、無料になる場合はいくら以上なのか
  • 返品ルール
    カニは食品なので返品・交換は出来ない場合が多いので確認
  • キャンセル期間
    発送準備前ならばキャンセルできるかどうか
  • 配送状態
    冷凍かチルドか、冷蔵庫や冷凍庫の空きも確認
  • 梱包
    発泡スチロールか紙箱かによって後の処分が変わる
  • 日時指定
    注文日から何日目以降で日時指定配送ができるか
  • 手数料
    代引手数料や振込手数料など

こういったポイントは通販サイトごとに違いますから、それぞれのサイトでしっかりと確認しなければなりません。
特に配送日の指定に関しては、食べたいときに間に合わない可能性があるのでしっかりと確認することが大事です。

参考
食材お取り寄せの「Oisix」