に投稿

節約生活に疲れてしまった方のためのストレス解消方法をご紹介します

節約生活を心から楽しんでいるという方は良いのですが、継続していくほどにストレスを感じるという方も少なくないようです。
ダイエットでいうリバウンドのように浪費してしまうという可能性を防ぐためにも、楽しい節約生活というものを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
そこで今回は、そんな生活術を確認していきましょう。

ストレスはためないことが大切

節約生活はその日限りというものではありません。
続けていくことにこそ意味があるのです。
だからこそ、ストレスをためないような工夫をぜひとも実践していただきたいのです。
そして簡単にできるその方法というものもあるのです。

自宅を楽しんでみませんか

自宅はただ生活をする場所。
として使っている方は快適な場所にしてみてはいかがでしょうか。
リラックスできるそして居心地の良い空間や時間つくりを意識していただくだけで節約生活のストレスを解消していただけるのです。
例えば、少し美味しいコーヒーを入れて楽しむなどというものです。
コストがかかるのでは?という声もあるかと思いますが、カフェにいって飲食をするよりも断然お得ですしストレス解消にもつなげていただけることでしょう。
ついつい節約につかれて外出をして浪費してしまうなどという方はぜひとも実践していただきたいものでもあります。

手放す意識を持とう

節約でストレスがたまると「何かを補う」ということでそれを満たそうとしてしまいがちです。
これは心理的にあるとされていることなのです。
これが浪費などにつながる可能性もあるので、そうではなく「手放してみる」ということを実践してみてはいかがでしょうか。
抑え込むという意識ではなく、必要なものは残していらないものを手放す。
そう考えると心がぐっと楽になるのではないでしょうか。
このことにより気持ちも上がりますし無駄な浪費を避けることもできるでしょう。

節約生活によりストレスとその解消方法についてのまとめ

意外に簡単にストレス解消ができるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
楽しくそして負担にならない節約生活を進めていきましょう。

に投稿

公共料金を賢く使用するためにも節約生活習慣を身に着けてみよう

節約生活を始めるにあたって、まずは公共料金を確認すること・見直してみることがその第一歩だという方もいらっしゃいます。
湯水のごとくそれらを使用しているわけではないという場合におきましても、節約意識を持つだけでぐっと抑えられることもあるのです。
そこでここでは、公共料金と節約生活について考えてみることにしましょう。

公共料金を見直してみよう

消費税の引き上げとともに、一部プロパンガス会社などは値上げを行いました。
ですので、ダイレクトにそれを感じている方もいらっしゃるかとも思います。
公共料金を見直して、そしてお得に利用できる方法というものを実践してみるのが良いでしょう。

電気代の節約について

ここでは、簡単なものをご紹介していきましょう。
まずは「プラグ」です。
抜き差しするのが面倒だと、プラグをつなぎっぱなしだという方も多いのではないでしょうか。
電源が入っていないから料金がかからないというわけではなく、電力は消費されているのです。
ですので、プラグはこまめに抜くような意識を持っていただけたらと思います。
使用をしていない家電製品などは電源を必ず抜くようにしましょう。

また、テレビなどにおいても設定を少し変えるのも良いでしょう。
画面の明るさを少し暗くするだけでも節約になるのです。

水道代の節約生活

こちらはよく言われていることなのですが、シャワーなどはこまめに止めながら使用をする・流しっぱなしにしないということです。
また、洗濯においても1つ2つを洗濯をするのではなく、まとめて洗うこと・手洗いができるレベルものであればそれを実践することなのが良いでしょう。

ガス代の節約生活

お湯を沸かすときには、自らではなく給湯器から出構いませんので「お湯」から沸かし始めること。
コップ一杯やお茶碗一杯程度であればガスではなくレンジ仕様で温めること。
お湯の温度を低めに設定すること。
などが考えられます。

公共料金と節約生活について

このように、公共料金を使用していく中においてちょっとしたポイントを抑えていただくだけで節約につながるものなのです。

に投稿

賢く料理をして節約生活につなげる簡単な方法をお教えします

節約生活を考えた時、まず第一に「食費」を考える方も多いようです。
スーパーなどでお得な製品を購入するなどは代表的なものなのですが、それを調理する際にも節約できる方法というものがあるのはご存知でしょうか。
そこで今回は、料理という点に注目をして節約生活を考えていきたいと思います。

まとめて買ってまとめて作る

まず最初に「まとめて買ってまとめて作る」ということをお勧めしたいと思います。
「まとめる」ということは、食材そのものを無駄にすることも少なくなりますし、ガスや電気などといった公共料金という点においても結果としてお得に繋がることができますのでお勧めとなっています。

保存などの方法について

まとめて作ることは分かったけれど、毎日そのメニューを食べなくてはならないのか?
日持ちのするものを作らなくてはならないのか?
と、疑問に感じられる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そういうわけではないのです。
まとめて作ったら「冷凍保存」をしていただくことで、飽きることなくそして食べたいと思ったタイミングで召し上がっていただくこともできますのでお勧めしたいと思います。

ハンバーグなどはソースをしっかり絡めてから冷凍をしていただくと、温めるだけですぐに召し上がっていただけますし、小さく作ることによって冷凍食品のような感覚で使用ができますのでお弁当にも利用ができるでしょう。
市販の冷凍食品を買うことを避けて節約生活につなげていただけるのではないでしょうか。

小さなお子様がいる方へ

小さなお子様がいるというご家庭の場合、その都度離乳食を作っているという方もおいでかと思います。
この離乳食も実は冷凍保存できるのです。
すり流しやおかゆなどは氷を作るおさらに入れて冷凍してみましょう。
キューブ式に固まってくれますので使い勝手も良いですし、添加物などが入っていない安心できる離乳食をいつでも与えることができるのです。

料理と節約生活のまとめ

難しいテクニックが必要だというわけではない料理と節約生活。
楽しくそして時間にも余裕が生まれる節約方法の1つともいえるのではないでしょうか。

に投稿

外食生活を見直して簡単にできる節約生活を始めてみませんか

2019年10月より実施された消費税の引き上げですが、このことにより外食をすると10%の消費税がかかることとなりました。
これまで、外食生活が多かった方にとっては大きな問題だと考える方も少なくないようです。
そこでここでは、自然な形で節約生活にシフトするための外食生活との付き合い方や見直し方について考えてみましょう。

外食について見直してみよう

まず最初に外食についての見直しです。
何となく作るのが面倒だから・お腹がすいたからとりあえず食べよう。
そのような感覚で外食をしている方も少なくないかと思います。
この部分をまずは見直してみましょう。

自炊可能なものを食べていませんか

自炊ができるものなのに外食をしている。
そのような方も少なくないでしょう。
焼きそばなどを外食メニューとして食べているという方や簡単に作れるもののはずなのについつい外食で済ませているという方もまたいらっしゃることでしょう。
この部分を見直してみましょう。
できれば、自宅で簡単にできるものであれば自炊にシフトしてみましょう。
また、そうでない場合においても自分自身が負担ない程度のものを自炊するなどという方向性にシフトするのもまたおすすめとなっています。

外食するより持ち帰りの意識を持つ

とはいえ、お仕事の関係上なかなか自炊がしきれない。
節約生活につながることは分かっているけれど時間的にも厳しいという声もあるかもしれません。
そうした場合には「持ち帰り」の意識を持っていただけたらと思います。
先に、外食の場合には10%の消費税がかかると記しました。
しかし、持ち帰りの場合には軽減税率として8%となっているのです。
この仕組みを上手に活用していきましょう。
持ち帰り自宅で食べるだけでもお得になるというわけです。
ここからであれば、節約初心者の方でも始めていただきやすいのではないでしょうか。

外食と節約生活についてのまとめ

今回は、外食というところを中心に見ていきました。
今すぐに実践できるものかと思いますので、ぜひとも節約生活の第一歩を踏み出していただければと思います。

に投稿

なかなか節約生活ができないという一人暮らしの方のためのコツについて

気が付けば節約ができていなかった。
そのような方も多いのが一人暮らしの方々です。
節約意識を持っているのになぜか実践できない。そのような方々にすぐに試していただきたい節約生活術についてここではご紹介していきたいと思います。

見直しと固定費について

まずは生活を見直してみましょう。
見直し方法ですが、最もわかりやすく簡単なのが「家計簿」をつけるというものになります。
一昔前であれば、手書きでレシートを見ながらというのが主流でしたが、今ではアプリなどで簡単に行うこともできるようになりました。
スマートフォンからであればレシートを写真に撮るだけでよいなどというものもあるのです。
こうしたところからまずは見直してみましょう。
中でも、必ず出てしまう固定費に1つ注目をしてみるのもおすすめです。

固定費を下げてみよう

さて、帰ることができないと思いがちな固定費。
ここを下げることによって大きな節約生活の第一歩を踏み出していただけるかと思います。
家賃や通信費・保険などを見直してみましょう。
一人暮らしにもかかわらず手厚い保険に入試ているという可能性も大きく、ここを見直すだけでも大きな節約になってくれるのです。
また通信費ですが、近年注目をされている格安スマホにシフトするのもまた1つの手段でしょう。
安いものであれば月々1000円台から利用できるなどということも可能なのです。
さらには、定期購読を何となくつづけている・毎月アプリに課金しているなどという方はそれらの見直しをしていただくだけでも節約につなげていただけることでしょう。

交友費用についての見直し

誘われれば付き合いだしと外食をしているという方もおいでかと思います。
確かに、人間関係を築いていく上において大切なことではあるのですが、ある程度は選ぶということも大切です。
そのためにも交友費用を設定しておくというのも良いでしょう。

一人暮らしの方の節約生活のまとめ

今回は一人暮らしという点に注目をして節約生活を考えていきました。
大きな節約ポイントをいくつかご紹介していきましたが、これが実践できれば大きな余裕が生まれることでしょう。

に投稿

お買い物テクニックを身に着けて節約生活をお得に楽しもう

消費税の引き上げとともに、節約生活をという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、日々のお買い物をすべてやめるなどということはまずできないことです。
だからこそ、賢い買い物術を身に着けていただくことをお勧めしたいと思います。
そこでここでは、そんな買い物術をいくつかご紹介していくことにしましょう。

安くてお得な買い物を考える

安くてお得な買い物を考える。
まず最初にそこから始めてみていただきたいと思います。
今では、チラシをインターネットでチェックできる時代となりました。
スーパーばかりではなくドラックストアからホームセンターまで確認していただけますので、お得なお買い物場所をピックアップしていきましょう。
その都度、安い場所で購入をするというのももちろん良い節約生活方法ではありますが「お得に」とも考えている方は大体でよいので「定番のお買い物場所」を作っていただくのが良いでしょう。

ポイントカードなどを賢く利用しよう

こちらも実践しているところが多いのですが、そのスーパーやドラックストアで使用ができるポイントカードを発行しているところがあるでしょう。
ぜひともこちらを作成していただきたいのです。
お買い物ごとにポイントがたまったり、時にはポイント〇倍サービスデーなどがあったりと色々とお得にお買い物をしていただけるのです。
たまったポイントは、その店舗で現金代わりに使用ができたり、所によっては現金化できるなどというところもありますので節約生活をしながらのプラスアルファを実践していただけるのです。

ポイント還元システムについて

消費税の引き上げとともに、ポイント還元システムも実践されました。
このシステムがあるお店で日用品などを購入するというのもお得で良いでしょう。
店頭にポスターが貼られているかと思いますのでご確認ください。
キャッシュレス決済となっていますので、スマートなお買い物をしながらお得にそして節約にもつなげていただけます。

節約生活とお買い物についてのまとめ

上手に各店舗や消費税の引き上げともない導入された仕組みを利用することによって節約環境も整いやすくしてくれることでしょう。

に投稿

オシャレも楽しみたいという方のための節約生活について考える

節約生活というと「買わない」という意識を持っている方が圧倒的のようです。
確かに、そうすることによりお金は出ていかずに済むのですがやはりオシャレを楽しみたいという方も少なくありません。
そこで、節約しながらもオシャレを楽しむポイントをご紹介したいと思います。

一度こだわりを捨ててみませんか

ここのメーカーの服でないと嫌だ・ブランド志向だなどという方は、そうしたこだわりを捨ててみてはいかがでしょうか。
定番のものであれば長く着用できますので良いのですが、そうでない流行のものに関しては「ワンシーズン限り」というものも少なくありません。
こだわりを捨てることによってコストを抑えながらも楽しんでいただけます。

プチプラに注目をしてみよう

今ではプチプラファッションがブームとなっています。
品質もさほど悪くなく着回しがきくというアイテムもたくさんありますので、それらを取り入れてみるのも良いでしょう。
さらには、プチプラメーカーが安く提供するいわゆるバーゲン時期に注目をしてみるのもおすすめです。
多くは6月・11月にセールが行われやすいとされています。

レンタルという方法について

毎日のお洋服代金がかかっているという方は節約生活のために「レンタル」という選択肢を考えてみるのも良いでしょう。
毎月一定金額を支払い借りるという方法なのですが、このことによって月々のお洋服代金がぐっと抑えられたという方も少なくないのです。
これでしたら、不必要なお洋服を家に貯めておくこともなくなりますし心置きなく流行のファッションも楽しんでいただくことができるでしょう。

お買い物時に注意してほしいこと

安いからといってたくさん買い込まないこと。必要なものをあらかじめ絞り込んでお買い物に出ること。
そしてウィンドウショッピングは節約生活のためには避けた方が良いでしょう。

節約生活とオシャレのまとめ

ちょっとした工夫や思考の転換によってオシャレを楽しみながらも節約生活を営んでいただけるものなのです。
上手にオシャレを楽しみ快適な節約生活を過ごしましょう。